MEMBER

PETのメンバー

株式会社PET ペット葬儀

YU

NARAHARA

ペットは愛すべき、かけがえのない家族である。その想いから、ご家族さま、そしてペットのことを一番に考えるあたたかいサービスを目指してきました。   近年ペットとの生活の多様化に伴い、さまざまなサービスが展開されており、ペットを取り巻く事情は刻一刻と変化しております。 そのなかで私たちは、確かな技術と、変化を恐れない姿勢を貫き、伝統的な祭事から、最新のテクノロジー利用まで、幅広いニーズにお応えし、ご家族さまのペットに対する想いを第一に考える会社でありたいと思っております。   これからも、1人でも多くのご家族に満足してしていただけるよう、社員一同サービスの向上に真摯に向き合ってまいります。   今後とも格別のご支援、ご愛好はを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

「ペットをとりまく社会環境は人々の文化レベルの向上にともない、めまぐるしく変容をとげています。近年はペットを家族の一員として迎え、一緒に暮らすかけがえのない存在となりました。
ペットを通じて精神的豊かさを育む人が増え、それに伴い関連サービスのニーズも多様化し、ペット市場は新たな時代の幕開けのさなかにあると言えます。

家族にペットを迎えること。それは一生(かけがえのない命)を預かるということです。人間の"いのち"もペットの"いのち"も、我々と何等かわらない、同じものだと考えます。しかし、ペットを取り巻く関連サービスは急速なニーズの多様化に対応しきれておらず、真に”いのち”を預かる環境が未だ整っていません。心豊かにペットを愛することができる環境を整えることが、真の「共生社会」の実現に近づくことができる、と考えます。」

株式会社PET 保護猫保護犬

KOSUKE

EMOTO

KOEI

KIMOTO

「いつの時代も動物たちは、私たちに色んなことを教え、伝えてくれます。
 近年、ペットは家族として迎えられ、一緒に暮らすかけがえのない存在となりました。そんな愛する家族を亡くした時、悲しみは計り知れません。
 ペット葬儀は大切なペットをお見送りするだけでなく、残されたご家族の気持ちを整理するためにも大切な時間です。皆様方の大切なご家族を、生死と常に向き合ってきた私たちが真心込めて執り行います。」

株式会社PET ペットフード事業